川幅わずか1m?あのカエサルが渡ることを躊躇したルビコン川とは

「賽は投げられた」で有名なルビコン川とは

あなたはルビコン川をご存知だろうか。
テレビの番組名にも使われたことがあるため、一度は耳にしたことがあるかもしれない。

実はこのルビコン川、全長わずか30km、川幅も1m程度から広いところで5mほどしかない川なのだ。
にもかかわらず、古代ローマの中でも五指に入るほど知名度が高い。

一体なぜこの小さな川が、誰もが耳にするほど現代でも有名なのだろうか。

古代ローマに出会って以来、25年以上も魅力にとりつかれた私が、

  • ルビコン川の規模
  • ルビコン川の位置
  • なぜルビコン川が有名なのか

について簡単に説明するので、少しの間お付き合いいただければ嬉しい。

ルビコン川の全長と流域面積

前述したとおり、ルビコン川は知名度に似合わずとても小さい川だ。

古代ローマ帝国領内に存在したナイル川は言うに及ばず、帝国の防衛ラインであり国境であったライン川、ドナウ川よりもはるかに小さい。

では国土が縦に長い点でイタリアと共通する、日本の河川と比べてみよう。

河川 全長 流域面積
信濃川 367km 11,900km2
最上川 229km 7,040km2
吉野川 194km 3,750km2
四万十川 196km 2,186km2
多摩川 138km 1,240km2
ルビコン川 30km

比較的有名な日本の河川と比べても、ルビコン川がいかに小さいかがわかるだろう。

しかし、イタリアの一地方にあるこの小さな川が有名なのには、理由があった。

ルビコン川の位置

ルビコン川はラヴェンナ(古代ローマ名:ラウェンナ)とリミニ(古代ローマ名:アリミヌム)の間、イタリア半島のほぼ付け根にある。

補足
現在のルビコーネ川は、イタリア独裁者のムッソリーニが勝手に定めたという説もあるが、私は真実に近いものとして採用したい。

この位置こそがルビコン川を有名にした要因の一つである。
なぜなら古代ローマの共和制末期、ルビコン川(とアルノ川)は、ローマ本国と属州を分かつ境界線であり、軍団を従えてルビコン川を越え、ローマ本国に侵入することは、国法に触れる大罪だったからだ。

共和制当時を生きていたローマ人にとっても、政治や軍事に関わる地位なら、ルビコン川の役割を知らない者はいなかっただろう。

属州とは
簡単に言うと植民地のようなもの。ローマ本国から派遣される属州総督が統治を担当した。詳しくは古代ローマの分割統治制度、属州とはで解説しているのでご覧いただくと参考になるだろう。

ルビコン川はカエサルによって歴史的な知名度まで手に入れた

さらにルビコン川の知名度を歴史的レベルまで高くしたのは、まちがいなくユリウス・カエサル(英名:ジュリアス・シーザー)である

ガリア(今のフランスとドイツの一部)やブリタニア(今のイギリス南部)を8年かけて平定したカエサルは、ローマ本国を目指す際、ルビコン川を前にして立ち止まった。

前述した通り、ルビコン川はローマ本国と属州を分かつ軍事境界線のため、本来なら軍を解散してローマを目指す必要があるのだが、このまま帰れない理由があったのだ。

彼はローマを抜本的に改革するプランがあり、ローマで断行する決意をかためていた。
しかし賛同者がほぼいないため、身一つで帰ろうものなら、政敵たちの罠にかかり確実に失脚するだろう。
かといって軍を引き連れローマ本国に入ろうものなら、国家反逆罪として断罪されることは目に見えている。

どちらを選んでも茨の道が待っている。
その決断を迫る象徴がルビコン川だったのだ。

そして「賽は投げられた!」

結局カエサルは改革を断行するという信念を曲げず、軍を従えたルビコン渡河を決断する。

この時にカエサルが付き従ってくれた将兵に言った言葉が、かの有名な

「賽は投げられた」

である。
この言葉は国家反逆罪を侵してでも自分の信念を貫く決意の表れであり、もう後戻りはできないという意味でもあった。

また、

「ルビコンを渡る」

の意味は、カエサルの行動から

後戻りのできない重大な決断

として使用される。

馬の脚ならひとまたぎの小川でも、カエサルには、生涯の中でも最も大きな一歩だったに違いない。

今回のまとめ

ルビコン川について、もう一度おさらいしよう。

  • ルビコン川は全長30kmにも満たない小さな川
  • イタリア半島の付け根あたりにある
  • 古代ローマ共和国末期には、ローマ本国と属州を分ける境界線だった
  • 軍を解散せずルビコン川を渡るのは、国法に触れる
  • ルビコン川を有名にしたのはカエサル

古代ローマにとっては重要な存在だったルビコン川。

実はカエサルが決断する前に、もう一人ルビコン川を渡った人物がいる。
彼の名はラビエヌス。
カエサルの右腕とまで言われた彼は、カエサルの下を離れてなぜ一人でルビコン川を渡ったのだろうか。

あなたがその理由を知りたければ、ティトゥス・ラビエヌス ―盟友カエサルの元を去り、一人でルビコン川を渡った不器用な武将―をご覧いただくといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です