カラカラ ―兄弟喧嘩を帝位に持ち込んだ心狭き皇帝―

カラカラ 弟を憎み兵を愛した皇帝

あなたは古代ローマの「カラカラ」と聞くと、何を思い浮かべるだろうか。
カラカラの名で有名なものといえば、カラカラ浴場だろう。
古代ローマの大浴場、テルマエの代名詞とも言えるカラカラ浴場は、ローマ皇帝カラカラによって造設された施設だ。

またカラカラ帝と言えば、(一部の例外を除き)ローマ帝国領内すべての自由人にローマ市民権を与える「アントニヌス勅令」を公布した人物でもある。

この2つを見ると、カラカラは領民にサービスを提供し、身分差別をなくす努力をした、ローマの民を思う心優しき皇帝を想像するだろう。

しかしカラカラは、『ローマ帝国衰亡史』を書いたエドワード・ギボンから、「人類共通の敵」とまで非難されている。
一体なぜカラカラは、ギボンからこのような評価を受けたのだろうか。

その謎は、カラカラの生涯を追っていくことで解き明かしてみよう。

※タイトル下イメージは、「ダークヒストリー3 図説ローマ皇帝史 」より拝借しました。

カラカラ誕生!

「カラカラ」の名の由来

188年4月4日、ガリアのルグトゥヌム(現リオン)でカラカラは誕生した。
父はセプティミウス・セウェルス。
後にアフリカ出身者として、初のローマ皇帝となる人物である。

セプミティウス・セウェルス
セプティミウス・セウェルス
グリュプトテーク [Public domain]

実は「カラカラ」という名は本名ではない。
生まれた時の名は「ルキウス・セプティミウス・バッシアヌス」。
この名も、故マルクス・アウレリウス帝の養子となったことで変更され、「マルクス・アウレリウス・アントニヌス」となった。

ローマ皇帝カラカラ
カラカラ
国立考古学博物館 (イタリア) [Public domain]

ではなぜ彼は「カラカラ」という名で呼ばれていたのか。
それは、彼がケルト風のフード付きトゥニカ(ローマでの普段着)を愛用していたため、この服の名称「カラカラ」が彼のあだ名になったのだ。

服の名があだ名になるなど、とても愛らしいと思われるかも知れない。
しかしカラカラは、そんな愛らしさとは無縁の残虐な人物に成長していく。
その評価を裏付ける行動として手始めに行ったのが、カラカラの義父である近衛隊長官プラウティアヌスを始末することだった。

近衛隊長官の始末

202年、カラカラは近衛隊長官プラウティアヌスの娘、プラウティアと結婚する。
プラウティアヌスは、当時ローマでセウェルス帝を凌ぐほどの権力があり、巨額の富を貯めていたという。

カラカラは、何かにつけて口を出す小うるさい義父と、新妻が嫌いだった。
そこでカラカラは一計を案じる。
彼は、プラウティアヌスが皇帝暗殺を下士官に命じる密書を捏造したのである。

この件でプラウティアヌスは処刑され、その娘プラウティアは追放。
カラカラはまんまと思い通りにことを運んだのだ。
この時カラカラはまだ16歳。

ちなみに処刑された近衛隊長官の財産は、皇帝によって没収された。
プラウティアヌスが所有していた富があまりにも多かったため、彼の財産を管理する専用の役職が特設されたという。

弟ゲタとの確執

小うるさい義父の死でタガが外れたのか、カラカラは若者特有の放蕩三昧な日々を送る。
剣闘士、戦車騎手など、いわゆる「不良(とみなされていた身分のもの)」たちと交友関係を結び、婦女暴行を働く始末。
さらに劇場や戦車競技にものめり込み、遊びに熱中していたという。

ゲタ
ゲタ
ルーヴル美術館 [Public domain]

カラカラにはゲタという1歳違いの弟がいた。
兄弟仲は子供時代から最悪で、何かにつけて反目し合う間柄。
さらに皇帝の息子たち=将来の皇帝候補という立場から、彼らに取り巻きができたため、周りからも煽られてますます仲が悪くなる悪循環ができあがる。

ある時は兄弟が戦車競技で張り合い、カラカラが落馬して足を骨折する事故まで起きている。
この兄弟仲の悪さが、やがて悲劇を生むことになる。

カラカラ、皇帝に即位する

父セウェルス帝の死

父セウェルス帝は、治世晩年に差し掛かる208年、体調不良(ひどい痛風)を押し、カラカラとゲタを伴ってブリタンニア(現イギリス)遠征へと出発した。
この遠征は自らの栄誉もさることながら、息子たちの行いを心配した父が、ローマから子供を遠ざける目的もあったようだ。

セウェルス帝はハドリアヌスの長城修復を命じる一方で、ピクト人(現スコットランドの原住民)たちを攻めた。
しかし奮闘むなしく彼は211年に遠征先のブリタンニア、エプラクム(現ヨーク)で病没する。

セウェルス帝は死ぬ前に、カラカラの弟ゲタをカラカラと同じく共同統治者に指名した。
カラカラとゲタの仲の悪さは周知の事実であり、このままカラカラが単独で皇帝になると、権力を利用してゲタを抹殺しかねなかったからだ。

セウェルスは、死ぬ間際にこう言い残した。

兄弟、仲良くせよ

しかしこの言葉は、息子たちに守られることはなかった。

弟ゲタとの共同統治

父の死後、ゲタとともに皇帝に即位したカラカラはまず、自分ひとりに忠誠を誓わせようと軍隊の取り込みに動いた。
弟との共同統治など、ハナから頭になかったのである。

しかしこの目論見は、兄弟に忠誠を誓ったと言われ失敗。
それどころか、先帝セウェルスに外見が似て寛大なゲタの方が、粗暴なカラカラよりも軍に人気があったのだ。

ゲタの追い落としに失敗したカラカラは、ブリタンニアからの撤退を決め、首都ローマへと帰還する。
父の始めた戦争は、兄弟2人にとってさほど重要なことではなかったのだろう。

この帰路でも兄弟の仲の悪さは相変わらずだった。
彼らは互いに不信感を抱き、暗殺を警戒。
道中も同じ宿舎に泊まらないばかりか、毒殺されることを嫌って食事に同席することもなかった。

首都ローマに着き、父の神格化を済ませた後でも兄弟の確執は変わらない。
宮殿は2つの空間に分かれ、通路すら塞がれる始末。
彼らは公務で同席する以外、顔を合わせようとしなかった。
あまりにも仲が悪いので、ついにはボスフォラス海峡(現イスタンブールのある、アジアとヨーロッパを隔てる海峡)を境界とする帝国二分案まで飛び出し、兄弟仲を心配する母ユリア・ドムナに「私を殺して、遺灰も2分するがいい」と泣きつかれたという。

ゲタの暗殺と「記憶の断罪」刑

ここまでくると、一方がもう一方を抹殺するまで時間の問題だ。
カラカラは弟ゲタを亡き者にしようと画策。
そのために利用したのが母ユリアだった。

ユリア・ドムナの胸像
ユリア・ドムナ
Daderot [Public domain]

カラカラは母に、兄弟仲良くするから弟を呼び出してほしいと頼みこみ、母もこれを承諾。
母の招きに応じて、ゲタはカラカラの前に姿を表した。
しかしカラカラは、抱き込んでいた百人隊長たちを密かに配置し、弟の姿が見えた途端一斉に襲わせたのである。
護衛もいなかったゲタは、この襲撃で重傷を負い、母ユリアに抱かれ22歳の若さで死んだ。

カラカラの弟に対する憎しみは、命を奪っただけではとどまらない。
彼はゲタを「この世から完全に抹消」するため、「記憶の断罪」や「記録抹殺刑」と呼ばれるダムナティオ・メモリアエを実行したのである。

カラカラは、ゲタの名をあらゆる公文書から削除した。
さらにローマにあるセウェルスの凱旋門に刻まれている碑文を削り取り、違う文章で上書きするという念の入れよう。

フラスコ画に描かれた家族の肖像にあるゲタの顔を黒くぬりつぶさせたりもした。

剥ぎ取られたゲタの肖像
剥ぎ取られたゲタの肖像
© Jose Luiz Bernardes Ribeiro

ゲタに対するこの処分は、

  • 弟殺し
  • 皇帝殺し

の二重の罪を正当化するためでもあった。
カラカラはゲタ殺しの理由を、

弟の陰謀で命を狙われたので、仕方なく弟を殺害した

と主張したが、カラカラの話を信用するものがどれほどいたか、不明である。

カラカラは、ゲタの関係者をことごとく血祭りに上げた。
同時代に生きたカッシウス・ディオは、2,000名の人間が処刑されたと記している。
この数がどれほど真実に近いか知る由もない。
ただ、兄弟仲を心配したというだけで殺されたもの、この機会に以前の皇族が処刑されたことは確かだ。
故マルクス・アウレリウス帝の娘コルニフィキアは、ゲタの死を悲しんだ母ユリアにもらい泣きをしたという理由だけで、自殺を強いられたのである。

軍への厚遇

先帝セウェルスは、兄弟仲の他にもう一つの遺訓を残していた。
それが

軍を富ませよ。それ以外は無視せよ

という、軍人優遇政策である。

セウェルス帝は、ドミティアヌス帝以来上がっていなかった兵士の年給を50%もアップしている。
カラカラはもう50%アップ、2700セステルティウスへと引き上げた。
これは実にアウグストゥス帝時代の3倍に当たる金額。
さらに1人あたり1万セステルティウスの下賜金を与える大奮発をしたのである。

理由は、軍に好かれていたゲタを殺害したことで、軍を懐柔する必要があったため。
しかしこの代償はあまりにも大きかった。
なぜなら軍事費用はローマ帝国にとって最大の負担であり、兵士の給料がアップすると、慢性的に財政が赤字になってしまうからである。

カラカラ帝の後に皇帝になったマクリヌスが、兵士の給料を「支払不能」と泣き言を言わなければならなくなるほど、負担が大きくなったのだった。

カラカラ、財政再建に乗り出す

銀貨改悪

当然兵士たちの給料アップは、帝国の支出急増を生んだ。
ではカラカラはこの支出を何で補ったのだろうか。

彼はまず、イチャモンとも取られかねないゲタの連座処刑で、処刑者の財産を没収した。
しかしこれだけでは足りなかったのか、さらなる方策にでた。
それが銀貨に含まれる銀の含有量をさげ、貨幣を増やす銀貨改悪である。
この時代、兵士たちに支払う給料はデナリウス銀貨で行っていた。
銀貨の造幣量が増えれば、兵士たちに払う給料も増やすことができたのだ。

また、カラカラは新貨幣も導入した。
大きさはデナリウス銀貨の1.5倍だが、価値は倍の2デナリウスとなる「アントニヌス銀貨」を発行。
これも銀の含有量を減らして、その分貨幣を増やす方法と言えるだろう。

だが、貨幣の流通量を闇雲に増やせばどうなるか。
ご存知の通り、物の価値が急激に上がるインフレが起こる。
100年前のネルウァ帝時代から、ローマ帝国は慢性的にインフレが起こっていたのだが、セウェルス、ついでカラカラの時代に銀貨の改悪が進んだせいで、一気にインフレが加速したのだった。

アントニヌス勅令

さらにカラカラの財政再建政策はつづく。
税制改革もその一つ。

カラカラは、5%だった奴隷解放税や相続税を、倍の10%に変更したのである。
奴隷解放税については、古代ローマの奴隷 ―高度な専門知識を持つものも存在した、社会の基盤を支える労働力―古代ローマの奴隷の解放にも記載しているので、そちらをご参考いただくといいだろう。

ただし、これらの税はローマ市民権を持ったものだけに課される税金だった。
そこでカラカラは、税収の増加を図るため、(多少の例外を除く)帝国に住むすべての自由民(奴隷や外国人ではない人)にローマ市民権を与える、「アントニヌス勅令」を発した。

ただしアントニヌス勅令の「税金取り立て説」は、同時代人史家のカッシウス・ディオが解釈したものである。
私はこの解釈に2つの疑問がある。

  1. 相続税や奴隷解放税を払うことができるのは一部の富裕層だけであり、帝国全体の自由民に市民権を与えて効果はあったのか
  2. 属州民にはもともと「十分の一税」という税金を課されていたのに、その財源がなくなると、かえって税収が減るのではないか

事実、アントニヌス勅令後も思ったように税収が増えなかった、とディオは伝えている。

カラカラが「アントニヌス勅令」を出した理由を、私はこう見ている。
ローマは長い歴史の中で、ローマ市民権を少しずつ開放してきた。

  • 前88年の同盟市戦争後の全イタリアへの開放
  • 属州の有力者への付与
  • 補助軍兵士たちの退役による報酬

この長い歴史の中で、属州民たちも(都市に住む人々は)いわばローマと同じような生活をし、ローマ市民たちとさほど変わらなくなってきたのではないだろうか、と。
属州という垣根が、いわば有名無実化した結果、カラカラがアントニヌス勅令を発したのではないだろうか。

いずれにしても、カラカラのアントニヌス勅令は、「人道的な問題」からの発令でなかったことは確かである。

カラカラ、ローマでやりたい放題

カラカラ浴場建設

財政的に苦しかったにも関わらず、カラカラはローマ市民に対して娯楽を提供することを忘れない。
その代表的なものが、212年に始まった浴場の建設である。
先帝セウェルス帝の頃から計画されていたようだが、彼はこの浴場建設で後世に名を残したかったと言われている。

カラカラ浴場の遺構写真
カラカラ浴場
Agnete [CC BY-SA 3.0 ]

カラカラ浴場は、当時皇帝の本名をとってアントニヌス浴場と呼ばれていた。
収容人数1,600を誇る規模の大きさは、当時の浴場では最大級のものだ。
まさに総合レジャー施設と呼べるにふさわしく、3つの浴室に加えてサウナ室、体育館、談話室、さらにラテン語とギリシア語に分けられた2つの図書館まで完備していた。

しかしカラカラは、翌年213年に首都を離れ、二度とローマに戻らなかったので、216年に完成しても自分の建設した浴場を1度も目にすることはなかったのである。

アレクサンドロスへのあこがれ

カラカラは、マケドニアの英雄アレクサンドロス大王にあこがれていた。
アレクサンドロス大王へのあこがれ自体は、ローマ人としても、皇帝としても珍しいことではない。
共和政時代の英雄たちも、歴代の皇帝たちもアレクサンドロスを自認したり、彼にあやかろうとすることはあった。

しかしカラカラは、あこがれを通り越して崇拝するレベルだったのである。
父セウェルスが軍事的成功を治めた有能な皇帝であるカラカラの境遇が、同じく有能な父を持つアレクサンドロスへのシンパシーを抱かせたのだろう。
カラカラは自分を、大王の生まれ変わりだとまで言っている。

また、カラカラは大王が持っていた武器や杯などを収集し、彼に関するあらゆる書物を読破。
帝国各地に、自分に似せたアレクサンドロスの胸像や立像を建立した。

さらにカラカラのマニアックな凝りようは、軍隊にまで及んだ。
彼はマケドニア人を16,000人も集め、アレクサンドロス存命当時の密集陣形ファランクスえを編成し、さらに5メートルにもなる長槍や当時の武装をさせたのである。

そしてもう一つ、カラカラの大王マニアは人事にすら影響があった。
カラカラは、アンティゴヌスという乗馬のうまい将校を、議員に抜擢した。
なぜならアンティゴヌスの父の名はフィリッポスで、アレクサンドロスの父と同じ名であり、大王死後のマケドニア王がアンティゴノスと同名だったからである。

ちなみにアンティゴヌスはカラカラ死後も、失脚することなくモエシア属州総督にまで登りつめた。
カラカラの抜擢がなくても、アンティゴヌスは優秀な人材だったのだろう。

戦車競走での虐殺

兵士への恩賞と給料増額で帝国の懐が寂しくなっていたにも関わらず、カラカラの浪費癖は相変わらずだったようだ。
その浪費で特に著しかったのは、

  • 野獣狩り
  • 戦車競技

の2つだった。
母のユリア・ドムナがカラカラに忠告しても

(剣を指して)これがある限り困らない

と、うそぶいていたという。
カラカラの指した剣は、有罪判決により有力者を処分することで財産を没収することを意味していた。

さて、カラカラが入れ込んだ戦車競技で一つの事件が発生する。
213年、彼が応援する青チームの騎手に対して、競技観戦中に誹謗する声が上がったである。
カラカラは、悪口を言ったものを処刑するよう兵士たちに命じた。
しかし大観衆の中で、声をあげたものを特定することなどできるはずがない。

そこで兵士たちは、誰彼かまわず手当たりしだいに観客を手にかけた。
罪なき人への大虐殺。
カラカラは騎手への誹謗を自分への侮辱と捉えたのだ。

現代でも、自分の好きな作品を批判され、それを自分が否定されたと思いこむ人がいるではないか。
カラカラは、それをこの戦車競技で行ったのだろう。
しかし権力者である以上、大勢の人を巻き込まずにはいられなかったのである。

カラカラ、帝国を巡幸する

アラマンニ族征伐

213年、カラカラは父セウェルス帝が唯一手を着けていなかった北方戦線へと出発した。
高地ゲルマニア(ゲルマニア・スペリオール)に隣接するゲルマン部族の一つ、アラマンニ族の攻撃が激しくなったからである。
ライン川とドナウ川が上流で交わるこの地域は、北方防衛戦の弱点でもあった。

213年秋、カラカラはゲルマン人に局地的な勝利は治めたものの、敵の本拠地までは落とせず、早々に切り上げることを決断した。
カラカラは和解金を払い、アラマンニ族を退かせたようである。

兵士たちへの対応

ところでカラカラに対する兵士の評価はどのようなものだったのだろうか。

カラカラは、兵士たちに大変人気があったようだ。
彼は、普通一兵卒がこなす人が嫌がる仕事をすすんでこなした。
例えば、塹壕掘り、橋を架ける作業。

また、行軍には馬に乗らずに徒歩で移動し、風呂に入らず、食事も質素で自分で麦を引き(当時麦を引くのは思った以上に骨が折れる作業)、木製の食器を使うことも嫌がらなかった。
また自分を「戦友」と呼ばせ、親近感を抱かせたりもした。

私の予想だが、カラカラの兵士たちに対する態度は、アレクサンドロスかぶれの一環だったと考える。
しかしいくらかぶれていても、自分から汚れ仕事を買って出られるほど、人間は強くないものだ。
兵士たちに見る態度は、カラカラが父セウェルスの教えを守っていた証拠だろう。

一方でカラカラは学問を軽視したといわれている。
これは学問の軽視より、学問を修める人の態度が若い皇帝にとって鼻についた結果、彼の言動に表れたのではないかと思う。

アレクサンドリアでの大虐殺

このように兵士たちに親近感をいだかせ、また給料をアップすることで軍から人気を獲得したカラカラ。
では命令一つで動かせるようになった軍を使って、カラカラは何をしたのか。

アラマンニ族との戦いの後、2年にわたり東地中海各地を巡幸したカラカラは、215年の冬をエジプトのアレキサンドリアで過ごすことにした。
アレキサンドリアは、かのアレクサンドロスが建設した都市であり、崇拝者カラカラにとって特別な地だったのだ。

しかしカラカラには、もう一つ目的があった。
それは弟ゲタ殺しを正当化するカラカラを揶揄した風刺詩が、アレクサンドリアで流行していたことへの報復である。
カラカラにとって弟ゲタの存在は忌むべきものであり、弟の暗殺は今なお消えない心の後ろ暗い部分だった。
その弟殺しの正当化をからかうなど、カラカラには許せる行為ではなかったのだ。

カラカラは、アレクサンドリアの市民たちに最大限の敬意を表し、公式訪問の意を伝えることで、まずは警戒心を解いた。
アレクサンドリアの有力者たちも、ローマ皇帝に対して盛大な歓迎を催すことに決める。
そして酒宴が宴もたけなわになろうかという頃、カラカラは目立たぬよう合図をおくった。
すると兵士たちが宴会に乱入し、次々と有力者たちに剣を刺したのである。

この宴会が進行している間に軍隊は街に侵入し、住民たちに外出禁止令を出した。
そして兵士たちが道路と屋根を占拠すると、アレクサンドリアの有力者2万人を虐殺し、財産を略奪したのである。

また別の史書には、密集隊形の再現という名目で若者たちを一箇所に集めた後、無防備な彼らを軍隊に包囲殲滅させてから、住人の虐殺に及んだという。

アレクサンドリアの住人にどれほどの犠牲が出たのか、どのように殺されたのか、今となっては分からない。
しかしカラカラの弟への憎しみが相当強かったことと、有力者たちの財産を目当てとして行った行為だろうと私は思う。
なぜならカラカラはこの虐殺の後、兵士たち1人あたり25,000セステルティウスものボーナスを与えているからだ。

カラカラは、弟殺しを正当化した風刺に対する報復と、豊かなアレクサンドリアの富の没収という一仕事を終え、パルティア遠征へと向かったのだった。

カラカラの最期

パルティア遠征

216年春、カラカラは属州シリアのアンティオキアに戻ると、パルティア遠征の準備を始める。
ローマの東隣にある大国パルティアでは、王位をめぐる兄弟同士の争いが起こっており、カラカラはその対処に当たる必要があった。

そこでまずカラカラは外交的手段で解決を図ることに決める。
対立する一方の王の娘(つまり王女)に結婚を申し込んで同盟関係を結び、なおかつ内部分裂を利用して親ローマを形成するつもりだった。
しかしこの作戦は、求婚を拒否されたことであえなく破綻。

そこでカラカラは強硬手段に出る。
彼は求婚拒否を口実にパルティア領内に侵攻し、ティグリス川付近まで一気に軍を進めたのだった。

排便中の暗殺

戦争を始めたことで、パルティアからの反撃が予想されたカラカラは、東方の国境付近にとどまらざるをえなくなった。
しかし首都を離れて3年が経過し、さらにこのまま不在の状態が続くと、帝位を狙うものが現れる危険がある。

そこで疑り深いカラカラは、首都を任せていた部下に命じ、預言者に自分の未来を占わせた。
すると、カラカラと共に遠征中の近衛隊長官マクリヌスが、帝位を狙っているという結果が出た。

マクリヌスが刻まれた金貨の写真
マクリヌスが刻まれた金貨
Classical Numismatic Group, Inc. [Public domain]

直ちにこの知らせが皇帝のもとに送られる。
しかしこの手紙がカラカラの目に止まることはなかった。
なぜなら彼は戦車競技に熱中していて、マクリヌス当人に届いた手紙(とそれ以外の束)に目を通すよう命じていたからだ。

この手紙をみたマクリヌスは、目を疑った。
とともに、この手紙の内容がカラカラの知るところとなれば、必ず自分は陰謀者として処刑されるだろう。
マクリヌスの腹は決まった。
やることは一つ、皇帝の暗殺である。

マクリヌスは、自分と同様に恨みを抱く近衛隊の百人隊長を仲間に引き入れ、好機が訪れるのを待つ。
217年春、ついにその時がやってきた。
ユーフラテス川上流のカルラエ(現トルコ東南部のハッラーン)に遠征中、皇帝が郊外の神殿まで参拝に出かけると言い出したのである。

カルラエは、かつて第一回三頭政治の一角クラッススがパルティア軍に大敗した場所であり、カラカラの参拝は戦死者たちに祈りを捧げる意味もあったのだ。

参拝後、カラカラは野営地へと戻る途中、不意に便意をもよおした。
さすがに皇帝の排泄を護衛が見守るわけにはいかなかったので、離れたところで待機する。
そこに例の百人隊長が忍び寄り、排泄中の皇帝の背後から、剣を突き刺したのである。

この一撃でカラカラは絶命した。
享年29歳。
217年4月8日の出来事だった。

今回のまとめ

ローマ皇帝カラカラについて、もう一度おさらいをしてみよう。

  • 父はアフリカ出身初の皇帝となる、セプティミウス・セウェルス
  • 一歳違いの弟ゲタとの仲が悪く、カラカラが暗殺するまで兄弟喧嘩が絶えなかった
  • 兵士を厚遇し、また兵士たちと辛苦をともにすることで、軍隊から人気があった
  • 皇帝を揶揄する風刺を許すことができない、心の狭い一面も持っていた

カラカラ以前にも暴君と呼ばれる皇帝は存在したが、カラカラほど反抗しない(できない)一般市民を虐殺した皇帝も珍しい。
歴代の皇帝たちが目をつむってきたことでも、弟やコンプレックスに言及されると反応せずにはいられないほど、心に暗く大きなものが刻まれていたのだろう。

本記事の参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA