ユリウス・カエサル ―ローマ帝国の礎を築いた男―

ローマ帝国の礎を築いた男 ユリウス・カエサル

ガイウス・ユリウス・カエサル。
英語表記ジュリアス・シーザーでもおなじみの、古代ローマ最大の英雄である。

しかしカエサルが具体的に何をしたのか、あなたは答えることができるだろうか。
ハゲ、女たらし、借金王など、数々の逸話に彩られたカエサルの生涯。

このような逸話には絶えないカエサルだが、彼はその生涯において、自分の成し遂げる目的を違えることはなかった。
いったいカエサルは、自分の命をかけて何をめざしたのだろう。

教科書では語られることのない、カエサルの生涯を追ってみよう。

ユリウス・カエサルⅠ 少年時代

西の強国カルタゴや、東の大国マケドニア王国、ギリシア諸都市を下したことで、地中海世界最強国家となったローマ。
だが、急速に領土が拡大した影響で、大きな土地を持つ富裕層と、戦争に駆り出されて貧困にあえぐローマ市民の間で貧富の格差が拡大してしまう。

この問題に立ち向かったグラックス兄弟の改革は、あえなく挫折。
富裕層をバックにする元老院派と、貧困から無産市民へと身をやつした民衆派の間で、ローマ社会は激しく対立していた。

このような状況の中で、カエサル家の長男が、産声をあげる。

ローマ帝国の礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅠ ―誕生から1度目のローマ亡命まで―

ユリウス・カエサルⅡ 青年時代前期

スッラの死により、ローマへ帰ることができたカエサル。
しかし若いカエサルには、これといった実績がまったくなかった。

そこでカエサルは、ある職業につくことで、ローマに自分の名を売ることを考えたのだった。

ローマの礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅡ ―弁護士時代から海賊との捕虜生活、『名誉あるキャリア』の道まで―

ユリウス・カエサルⅢ 青年時代中期

37歳という異例の若さで最高神祇官への当選を果たしたカエサル。
だが共和政ローマでの出世街道には程遠かった。

しかしこの頃からカエサルは、元老院派と対立していくのである。

ローマの礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅢ ―ラビリウス弾劾からヒスパニア属州総督就任まで―

ユリウス・カエサルⅣ 青年時代後期

胸に秘めた野望を実現させるため、ついに動き出したカエサル。
だが、今の実力では自分のプランを実現するのに不十分と考えたカエサルは、ある人物たちの力を借りることを考えたのである。

ある人物たち――ローマで並ぶもののない軍事的実績をもつポンペイウスと、経済界一の大物、クラッススだった。

ローマの礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅣ ―第一回三頭政治から初の執政官就任まで―

ユリウス・カエサルⅤ 壮年時代 ルビコン以前

前執政官(プロコンスル)となったカエサルは、ガリア属州総督として、北イタリアと出発することが決まった。
この機会を徹底的に利用しようとするカエサルは、ガリア人とゲルマン人の問題に、積極的に介入する。

そしてそれは、全ガリアで行われる戦争の幕開けでもあった。

ローマ帝国の礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅤ ―ガリア属州総督就任からルビコン川を渡るまで―

ユリウス・カエサルⅥ 壮年時代 対ポンペイウス

元老院最終勧告を無視し、ルビコン川を渡ったカエサル。
国法を犯して内乱を始める以上、一刻も早く収める必要があった。

では早期終結に一番いい方法はなにか。
もちろん敵の総大将がイタリア本国にいるうちに、叩くことである。

ローマの礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅥ ―イタリア制覇からポンペイウスとの決戦まで―

ユリウス・カエサルⅦ 壮年時代 対オリエント

エジプト側からポンペイウスの首を送られて、死を知ったカエサル。
エジプトの回答は、

「必要なものは差し上げたので、帰られたし」

であった。

だがカエサルはエジプト上陸を決める。
もちろん私的な感情で、ことを決するカエサルではなかった。

ローマの礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅦ ―クレオパトラとの出会いから「来た、見た、勝った」まで―

ユリウス・カエサルⅧ 壮年時代 対元老院派残党

エジプト、オリエントの問題を片付け、東方の基盤を手に入れたカエサル。
残る勢力は、北アフリカにいるポンペイウスと元老院派の残党である。

その頃首都ローマでは、カエサルの代理に指名され、統治を任されたアントニウスが失策を重ねていた。

カエサルは残党への対処の前に、ローマへと帰還する。

ローマの礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅧ ―「市民諸君」、タプススの戦い、凱旋式、ムンダの戦い―

ユリウス・カエサルⅨ 壮年時代 ローマ大改革

4年にも渡った内乱は、ムンダの戦いで終了した。
カエサルの前から、武力で抵抗を試みる反対派は一掃されたのである。

ついにカエサルは、自らのプランを実行に移す時が来たのだ。
すなわち、共和政ローマを帝政へと移行させるという考えを。

ローマの礎を築いた男 ユリウス・カエサル ユリウス・カエサルⅨ ―ローマ帝国への道から終身独裁官就任、暗殺まで―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA